popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

Arduino(Genuino)の開発をVisual Studio Code(VSCode)でする話

f:id:popupin0x0:20180730233202p:plain

今回はArduino(Genuino)の開発をArduino IDEではなくVisual Studio CodeVSCode)でする話です。インストールから実行まで手順を書きます。また、ポータブル化する話も書きます。

はじめに

Arduinoの開発環境はArduino IDEで完結しています。しかし、ダークテーマがなくインテリセンス(自動補完)が効かないので長いコードをかけば書くほど開発が難しくなります。そこで今回はVisual Studio CodeVSCode)でほぼ全てできるようにします。いくつかつまずいた手順もあったので参考になればと思います。

Arduino IDE

Arduino IDEをダウンロードします。「Windows ZIP file for non admin install 」を押してダウンロードします。今回はポータブル化の話もあるのでインストーラー版は選びません。

Arduino - Software

f:id:popupin0x0:20180730232448p:plain

適当な場所にZIPファイルを解凍します。今回は「C:\Arduino」にしました。ポータブル化する際は「C:\Program Files」を避けます。ファイルの読み書きで制限があるからです。ポータブル化しない場合はインストーラー版を使うとここにインストールされます。

f:id:popupin0x0:20180730232612p:plain

arduino.exeをクリックすれば起動します。これでArduino IDEのインストールは完了します。

f:id:popupin0x0:20180730233104p:plain

Visual Studio CodeVSCode

以下のリンクよりVisual Studio Codeをダウンロードします。インストーラー版がいいでしょう。ZIP版の場合はアップデートで問題があった気がします。

code.visualstudio.com

f:id:popupin0x0:20180731001753p:plain

次にArduinoで使えるようにするために拡張機能を導入します。左側のタブ欄の四角いアイコンを押してMarketplaceから「arduino」で検索すれば出てきます。インストールを押してアプリを再起動します。

f:id:popupin0x0:20180731002329p:plain

初期設定をします。「ファイル→基本設定→設定」を押して、設定画面を表示します。

f:id:popupin0x0:20180731002630p:plain

「"C_Cpp.intelliSenseEngine": "Tag Parser"」に設定します。これが無いとインテリセンスが効きません。
「"arduino.path": "C:\arduino"」これはarduinoのフォルダを設定します。

f:id:popupin0x0:20180731002737p:plain

あなたが使っているボードを設定する必要があります。そこで「F1キー→arduino board config」と入力してください。必要なボードの設定があります。または、下のステータスバーから呼び出すことができます。ポート設定もできます。

f:id:popupin0x0:20180731003755p:plain

あとは「F1キー→arduino upload」または「Ctrl+Alt+U」を押すことでボードへ書き込むことができます。コンソールでデータを読み取ることができます。

f:id:popupin0x0:20180731003919p:plain

「F1キー→ArduinoBoardManager」と「F1→ArduinoLibraryManager」を使用することで必要なライブラリーとボードをインストールまたは更新することができます。動作はArduinoIDEより軽いのでらくです。

f:id:popupin0x0:20180731004449p:plain

Arduino IDE ポータブル化

windows版ではポータブル化ができます。この場合は「C:\Program Files」にArduinoをインストールはするべきではないです。ファイルアクセスに制限があるからです。Arduinoフォルダ内にportableというフォルダを作ることでポータブル化できます。ここでは「C:\arduino\portable」とします。

f:id:popupin0x0:20180730233804p:plain

必要なファイルが隠しファイルの場所にあるので表示させます。「エクスプローラー→表示→隠しファイル」にチェックを入れます。

f:id:popupin0x0:20180730235201p:plain

「C:\arduino\portable」の中身は「C:\Users\(YOU)\AppData\Local\Arduino15」にあります。インストール仕立てで特に何もしていない場合は「preferences.txt」しかありません。今回はいくつかありますがすべて「portable」へ移動させます。

f:id:popupin0x0:20180730235406j:plain

実際にポータブル化できているかはArduino.exeを起動させることで確認することができます。「ファイル→環境設定」の下の行にある「以下のファイルを直接編集すれば、より多くの設定を行うことができます。」というところが「portable」にある「preferences.txt」から読み取っていれば完了です。

f:id:popupin0x0:20180731001852j:plain

さいごに

どうでしょうか。もともとArduinoIDEの外部エディタ機能を使う予定だったのですがVSCodeがサポートしているということでこんな事になってしまいました。Mac版ではポータブル化をせずに使っています。「"arduino.path": "C:\arduino"」を設定する必要はありません。

サンプルコードを「Genuino 101」というボードで動かしていました。これはESP32を使ったボードが出てきたことで流行らなくなってしまった悲しいボードです。ESP32が届くまでこれで遊ぶことにします。

f:id:popupin0x0:20180731005144j:plain