popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

ESP32とVScodeを使ってデータをアップロードする話

f:id:popupin0x0:20180829223007j:plain 今回はESP32を買った話とVScodeを使ってデータをアップロードする話です。設定手順なども書きます。

EPS32

中国から来たようです。きちんと梱包されています。

f:id:popupin0x0:20180829224732j:plain:h200 f:id:popupin0x0:20180829225001j:plain:h200 f:id:popupin0x0:20180829225038j:plain:h200

700円ほどです。WifiもBTも使えArduinoより安いです。コードもArduinoと同じものがかけます。

f:id:popupin0x0:20180829225237j:plain

ピンは少し曲がっているようです。見た目は悪いですが問題ありません。

f:id:popupin0x0:20180829225437j:plain

ノンブランドのブレッドボードだと座りが悪いです。片方使えません。2つ合わせると少々大きくなります。

f:id:popupin0x0:20180829225520j:plain:h200 f:id:popupin0x0:20180829225612j:plain:h200

サンハヤトのブレッドボードの場合はキチンと両側のピンが使えます。もちろんギリギリです。

f:id:popupin0x0:20180829225825j:plain

ドライバー

ドライバーは自動ではインストールされません。SILICON LABSからダウンロードしてください。

jp.silabs.com

インストーラーが用意されているので問題ないでしょう。

f:id:popupin0x0:20180829225932p:plain

「ウィンドウズボタンを右クリック→コンピュータの管理→デバイスマネージャー」からインストールされているか確認することができます。

f:id:popupin0x0:20180829225955p:plain

設定

ArduinoIDEで使えるようにするために「C:\Users(YOU)\Documents\Arduino\hardware\espressif\esp32」ドキュメントフォルダに解凍してください。

github.com

f:id:popupin0x0:20180829231808j:plain

toolsにあるget.exe起動させてください。必要なものが勝手にインストールされます。

f:id:popupin0x0:20180829231824j:plain

ArduinoIDEを起動させて「ツール→ボード→ESP32 Dev Module」の項目があるか確認してください。ある場合はESP32が使えます。些細な問題ですがアナログ出力は使えないようです。

f:id:popupin0x0:20180829232028p:plain:h300

VSCodeの初期設定はこれです。VSCodeの設定は過去記事を参照してください。ポータブル化するとVSCodeからライブラリとドライバが表示されなくなるのでしないでください。

popupmlv.hatenablog.com

f:id:popupin0x0:20180829232348p:plain

キチンと設定できていればアップロードすることができます。

LEDをBlinkさせるプログラムです。サンプルのコードのLEDPinを13に設定したほうがいいでしょう。デジタルピンとGNDが近いからとテスト用LEDがないためです。

f:id:popupin0x0:20180829223007j:plain

今回使ったプログラムです。

// the setup function runs once when you press reset or power the board
void setup() {
  // initialize digital pin LED_BUILTIN as an output.
  pinMode(13, OUTPUT);
}

// the loop function runs over and over again forever
void loop() {
  digitalWrite(13, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
  delay(1000);                       // wait for a second
  digitalWrite(13, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW
  delay(1000);                       // wait for a second
}

スターターキット

これはアマゾンで売っていた中国製のスターターキットです。Arduino互換機も付いてきます。セールで2500円ほどでした。

f:id:popupin0x0:20180829234923j:plain:h300

入っているもの一覧です。抵抗がちょっと少ないようですが目的がなければいろいろそろっています。

f:id:popupin0x0:20180829235030j:plain:h300

さいごに

Arduinoと同じ言語を使って開発できるのは効率が上がっていいです。またVSCodeはインテリセンスも使えます。