popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

HPのノートパソコンのバッテリーが膨張したのでアリエクスプレスで輸入してみた(後編)

f:id:popupin0x0:20181003232800j:plain

HPのPavilionというノートパソコンのバッテリーが膨張したのでAliexpressを使って中国からバッテリーを輸入して交換した話の続きです。今回は分解とCPUグリスの塗替えの話です。(後編)

はじめに

前回はアリエクスプレスを使って輸入したことやバッテリーの状態を中心に書きました。今回は「HP Pavilion 15-au011tu」の分解を中心に書きます。

分解

ネジをすべて外します。

f:id:popupin0x0:20181004003344j:plain

後ろのシリコン製の足の部分にもネジがあるので外します。

f:id:popupin0x0:20181004005012j:plain

外した足はビニール袋などに貼り付けておくと粘着力は落ちません。

f:id:popupin0x0:20181004003853j:plain

プラスチック製のツールキットを差し込んで奥のツメを外していきます。

f:id:popupin0x0:20181004003158j:plain

DVDドライブも外します。

f:id:popupin0x0:20181004004126j:plain

マイナスドライバーで外すのは絶対にやめたほうがいいです。こうなります。

f:id:popupin0x0:20181004003916j:plain

うまくツメをすべて外すとパネルを取ることができます。

f:id:popupin0x0:20181004003344j:plain

HDDはSSDへ、メモリは4GBから8GBに換装済みです。このSSDはコイル鳴きがあるのであまり良くありません。

f:id:popupin0x0:20181003232800j:plain

バッテリー編

上からはそうでもないようです。

f:id:popupin0x0:20181004004640j:plain

横から見ると膨れ上がっています。

f:id:popupin0x0:20181004004559j:plain

ネジを3箇所外して、ケーブルを外して交換するだけです。簡単です。

f:id:popupin0x0:20181004004753j:plain

ヤツはバッテリーが交換されたことにも気づかないことでしょう。

f:id:popupin0x0:20181004005222j:plain

膨れていません。どうやら交換済みのようです。

f:id:popupin0x0:20181004011310j:plain

記念に膨張したバッテリーと一緒に撮影しましょう。

f:id:popupin0x0:20181004011347j:plain

CPUグリス編

今度はCPUグリスの交換です。このノートパソコンは2016年に購入したもので、グリスを交換しなければならないほどカチカチになっているとは想像できません。手間ついでに塗り替えをします。まずはファンの掃除をします。

f:id:popupin0x0:20181004005552j:plain

2年程度ではエアーダスターで飛ばせるほどホコリはついていません。ヒートパイプとは別の構造です。

f:id:popupin0x0:20181004005628j:plain

ネジ4つを外すとCPUにアクセスできます。

f:id:popupin0x0:20181004005920j:plain

想像通りグリスがカチカチになっているわけではないので機能しています。すでに剥がしてしまったので塗り替える必要があります。かなりの量のグリスを使っています。これなら塗り替えたとしても効果はないでしょう。

f:id:popupin0x0:20181004005948j:plain

CPUクーラー側はグリスクリーナーをたらしてティッシュやめん棒で取っていきます。

f:id:popupin0x0:20181004010222j:plain

キレイになりました。少々傷がついています。

f:id:popupin0x0:20181004010356j:plain

CPUはグリスクリーナーとめん棒です。テッシュはやめたほうがいいでしょう。粘度があればグリスクリーナーはキレイにするときだけで十分です。

f:id:popupin0x0:20181004010501j:plain

グリスバーガーではないのでピカピカです。

f:id:popupin0x0:20181004010527j:plain

純正に比べたら少なめに見えますが、十分な量でしょう。CPUが無いところにもとりあえず塗っておきます。

f:id:popupin0x0:20181004010543j:plain

グリスは広げる必要はありません。CPUクーラーを乗せると勝手に広がります。このCPUクーラー自体に傷があるので伸ばしてしまうと空気が入ったりして密着せずに効率が悪くなります。CPUとCPUダイに段差があるので多めに塗ってもあふれることはありません。少なめより多めのほうがいい結果になります。

f:id:popupin0x0:20181004010617j:plain

CPUクーラーを取り付けたとき、グリスがどうなるか見てみましょう。基盤についていないので問題ありません。

f:id:popupin0x0:20181004010954j:plain

はみ出していません。問題ないようです。

f:id:popupin0x0:20181004011047j:plain

組み立て

逆にたどっていくとなんと元通りになります。どうやらシールが剥がれてしまいました。接着が悪かったHPのせいにしておきましょう。残念ですがこのシールは元に戻せません。

f:id:popupin0x0:20181004011642j:plain

パソコンがキチンと起動することを確認しておきます。おっと、これはまだパネルをキチンとはめていません。問題があれば中にすぐにアクセスできるようにしておきます。

f:id:popupin0x0:20181004011713j:plain

これで完了です。

f:id:popupin0x0:20181004011918j:plain

さいごに

この「HP Pavilion 15-au011tu」という機種は中へのアクセスが簡単です。後ろ足のシリコン製のゴムの下に悪意あるネジがあるのでこれが問題になるだけでしょう。

分解楽しいですね。