popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

Windows 10 Home に ローカルグループポリシーエディターをインストールしてWindows Update を 延期した話

f:id:popupin0x0:20181018032244p:plain

Windows 10 Home に ローカルグループポリシーエディターをインストールしてWindows Update を 延期する話です。ついでにアップデート後の再起動を止める話もします。

はじめに

Windows10 HomeはProと違い設定からアップデートを変更することができません。この画面はHomeエディションです。半期チャネル(対象指定)がデフォルトになっています。

f:id:popupin0x0:20181018223937p:plain

この画像はProの更新設定画面です。詳細設定から半期チャンネルへ変更することができます。また大型アップデートと品質更新プログラムの延期ができます。

f:id:popupin0x0:20181018024939p:plain

半期チャネル(対象指定)の問題はマイクロソフトが毎回不完全な大型アップデートを提供するところにあります。Windows 10 October 2018 Update (version 1809)では場合によってはドキュメントフォルダのデータが消えます。

f:id:popupin0x0:20181018025549j:plain

https://www.japan-secure.com/entry/how-to-use-local-group-policy-editor-in-windows-10-home.html

半期チャネル(対象指定)はマイクロソフトがプレビューを終えると直ちに提供が開始されます。半期チャネルでは、その4ヶ月後にアップデートが提供されます。今回の1809アップデートは半期チャネル(対象指定)では10月2日に公開されました。その後、不具合がわかり10月6日に停止しました。毎回致命的な不具合があるので「半期チャンネル」を指定するか、1週間以上のアップデート延期を設定するべきでしょう。

ローカルグループポリシーの設定以外にもアプリを使った手動のアップデート延期があるようです。1度設定してしまえばアップデート延期したことを意識することはないのでこの設定方法をおすすめします。

インストール

.txtファイルにコピペして拡張子を.batに変更して管理者権限で実行すると使えるようになります。ね、簡単でしょう?

@echo off 
pushd "%~dp0" 

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3*.mum >List.txt 
dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3*.mum >>List.txt 

for /f %%i in ('findstr /i . List.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i" 
pause

日本語による解説

www.japan-secure.com

英語による解説

www.itechtics.com

ローカルグループポリシーエディター

これでWindows 10 Homeでローカルグループポリシーエディターを使えるように成りました。

f:id:popupin0x0:20181018031042p:plain

スタートボタンの隣りにある検索から呼び出します。これでローカルグループポリシーエディターを呼び出すことができます。

gpedit.msc

f:id:popupin0x0:20181018030824p:plain:h250

Windows アップデート後の自動再起動をしないようにする

これがローカルグループポリシーの画面です。Windows アップデート後の自動再起動をしないようにしてみます。

f:id:popupin0x0:20181018031301p:plain

「管理者用テンプレート→Windows コンポーネントWindows Update→スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的には再起動しない」を選択して、有効にしてOKで閉じます。

f:id:popupin0x0:20181018031900p:plain

大型アップデートを延期

今度は大型アップデートを延期します。これは機能更新プログラムとも呼ばれています。セキュリティとは直接関係ないもので見た目が変わったりするものです。年2回あります。

f:id:popupin0x0:20181018032244p:plain

「管理者用テンプレート→Windows コンポーネントWindows UpdateWindows Update for Business→プレビュービルドや機能更新プログラムをいつ受信するか選択してください」を選択します。私の場合は半期チャンネルを指定して7日延期にしています。

f:id:popupin0x0:20181018032358p:plain

半期チャンネルは半期チャンネル(対象指定)からは4ヶ月と1週間遅れることになります。Homeの標準のアップデートで延期だけしたい場合は「半期チャンネル(対象指定)」を選択してください。プレビューとついているものは開発者向けです。

f:id:popupin0x0:20181018032611p:plain

セキュリティアップデートの延期

毎月のセキュリティアップデートの延期を設定します。最大35日延期できます。アップデート公開後に取り下げがあったとしても対応できるようにしておきます。

f:id:popupin0x0:20181018032244p:plain

「管理者用テンプレート→Windows コンポーネントWindows UpdateWindows Update for Business→品質更新プログラムをいつ受信するかを選択してください」を選択します。私のは7日延期にしています。

f:id:popupin0x0:20181018033327p:plain

グループポリシーの適応

グループポリシーエディターで設定が完了したら、コマンドプロンプトを管理者権限で実行して変更を保存してください。これで終わりです。

gpedit /force

大型アップデート

Windows10の年2回の大型アップデートを迎えるとグループポリシーエディタが開けなくなります。エディタの再インストールをすることでまた使用することができるようになります。手順はインストールと同じです。設定は維持されているようです。

@echo off 
pushd "%~dp0" 

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3*.mum >List.txt 
dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3*.mum >>List.txt 

for /f %%i in ('findstr /i . List.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i" 
pause

さいごに

どうでしょうか。最近買ったE585はHomeエディションなのでどうにか変なソフトを入れずに延期できないか探していたのですがいい方法がありました。大型アップデートの延期とアップデート後の再起動の抑制は十分効果があります。マイクロソフトの思いつきに振り回されるのはもういいでしょう。役に立たない機能を考える前に昔からある不具合を直してほしいです。

popupmlv.hatenablog.com