popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

Creative Outlier Oneを買った話

f:id:popupin0x0:20190117004456j:plain

今回はCreative Outlier Oneを買った話です。Creative Outlier Sportsも持っているのでそれと比較をします。またイヤーピースをコンプライの互換品に変えた話もします。

Creative Outlier One

パッケージです。

f:id:popupin0x0:20190117004543j:plain

本体の他にケースと充電ケーブルなどなどがあります。

f:id:popupin0x0:20190117004456j:plain

ここからCreative Outlier Sports(左)とCreative Outlier One(右)を比較します。パッケージサイズはかなり違います。

f:id:popupin0x0:20190117004840j:plain

ケースが易そうな袋になったのでその分パッケージが小さくできたのでしょう。

f:id:popupin0x0:20190117004822j:plain

イヤーピースが一部減っています。形やサイズは全く同じです。互換があります。ケーブルに違いはなさそうです。

f:id:popupin0x0:20190117004746j:plain

その証拠に入れ替えても問題ありません。違い、わかんねーか。

f:id:popupin0x0:20190117005045j:plain

カラーも簡易になっているように見えます。Apt-Xも省かれています。もともとiPhoneで使う予定なのでSBCで十分です。音質に違いは無いです。データ上ではありますが耳では聞き取れません。遅延はあるので対応環境があるのであればOutlier Sportsをおすすめします。PCではOutlier Sportsを使っています。

f:id:popupin0x0:20190117005123j:plain

端子部分は大きくなっています。重いということはないです。

f:id:popupin0x0:20190117005407j:plain

Outlier Oneのケーブル部分は柔らかいです。一方のOutlier Sportsはケーブルが更に覆われていて硬いです。これは服などに引っかかってたまにイヤホンが抜けそうになります。

f:id:popupin0x0:20190117005450j:plain

やっぱりケーブルが硬いのは気になります。

f:id:popupin0x0:20190117005749j:plain

充電は眩しいかもしれません。

f:id:popupin0x0:20190117005731j:plain

中華コンプライ互換イヤーピース

コンプライは3ピース入りで2500円ほどします。中華互換のイヤーピースなら1000円未満です。

f:id:popupin0x0:20190117005944j:plain

たしか6対入くらいだったかもしれません。いや5対かも。

熱で柔らかくなるのは同じです。

f:id:popupin0x0:20190117010052j:plain

すべてのイヤホンでコンプライ互換を使っています。いいところは、シリコンチップと違って低反発チップがクッションとなってBTイヤホンでよくあるホワイトノイズを吸収させ抑えることができます。長時間つけても鼓膜を圧迫するようなこともありません。音質を求めるなら標準のシリコンチップがベストでしょう。Creativeのカナル型イヤホンは6mmほどあるのでかなり無理してねじ込まなければなりません。

f:id:popupin0x0:20190117010439j:plain