popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

AutoHotkeyを使ってMarketSpeed2に自動ログインする話

f:id:popupin0x0:20190405195150j:plain

AutoHotkeyを使ってMarketSpeed2に自動ログインする話です。

www.autohotkey.com

使い方

パスワードをそのまま保存するので注意が必要です。IDはMarketSpeed2に保存されるのでこれが漏れただけではアクセスはできませんがどこかの大手企業もきっと平文で保存してるのでそれよりかは安全かもしれません。

下準備として「ログインIDの保存」をしておきます。「*****」をあなたのパスワードにしておきます。「MarketSpeed2.lnk」にリンクを通しておきます。.exeへ直接起動させるとエラーがでるのでこの必要があります。

パスワード入力画面が開いていれば実行すればログインできます。この画面が開いていないのであれば、ソフトの起動をしてパスワードを入力します。

拡張子は「.ahk」にしてください。「MARKETSPEED2_LOGIN.ahk」などこのくらいでちょうどいいのかもしれません。

15のところはログイン画面がでるまでの待ち時間です。ここでは15秒ですが、時間がかかるようであれば長くしてください。

pw=*****

; すでにMarketSpeed2が起動してログイン画面なら
IfWinExist, MARKETSPEED II ログイン
{
  WinActivate
  Send, %pw%{Enter}
  Exit
}

; MarketSpeed2がまだ起動していないなら
Run,"C:\Users\[YOUR NAME]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\MarketSpeed2\MarketSpeed2.lnk"
WinWait, MARKETSPEED II ログイン, ,15
If ErrorLevel <> 0
{
  MsgBox,「MARKETSPEED II ログイン」画面が見つかりませんでした。スクリプトを終了します。
  Exit
}
IfWinExist, MARKETSPEED II ログイン
{
  Sleep, 2000
  WinActivate
  Send, %pw%{Enter}
  Return
}