popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

DELL U2311を分解した話

U2311H 分解

調子が悪いということで、DELL U2311を分解した話です。

問題の現象がこれです。不定期で起こるので全く原因がわかりません。ケーブルには問題なさそうです。結論を書くと、この問題は解決しません。

f:id:popupin0x0:20190505043528j:plain

電源がつかないなら壊れたコンデンサを交換すればことがすむのですがこれはわかりません。

f:id:popupin0x0:20190505045728j:plain

いつもの工具を使います。

f:id:popupin0x0:20190505051046j:plain

分解前にまず、VESAのネジを取ります。

f:id:popupin0x0:20190505050157j:plain

電源スイッチのところから持ち上げるといいです。

f:id:popupin0x0:20190505051125j:plain

枠を少し持ち上げた奥に、ツメがあります。外観からは完全に隠されているのでドライバーを使う必要があります。

f:id:popupin0x0:20190505050256j:plain

マイナスドライバーを使わないとたどり着けません。

f:id:popupin0x0:20190505050406j:plain

オープナーをツメのところに入れると開けられます。

f:id:popupin0x0:20190505050503j:plain

ツメはかなり多くあるのでしんどいです。

f:id:popupin0x0:20190505050743j:plain

枠が外れるとこうなります。

f:id:popupin0x0:20190505043445j:plain

開けるとこうなります。ユニットとパネルはテープで止められているだけです。

f:id:popupin0x0:20190505051324j:plain

右側のコードを外します。分解するときのコツは戻せるように写真をとっておくことです。

f:id:popupin0x0:20190505051415j:plain

これも外します。これで電源ユニットにアクセスできます。

f:id:popupin0x0:20190505051505j:plain

パネルのコードは短いですが外す必要はありません。しかし基盤がものすごく汚いです。

f:id:popupin0x0:20190505051558j:plain

電源部分のコンデンサは破裂していないようです。電源がつかないときはここに問題があります。

f:id:popupin0x0:20190505051646j:plain

映像に問題があるのであるとしたらこっちに問題があるはずですがコンデンサに問題が見られないので手を打つことはできません。

f:id:popupin0x0:20190505051829j:plain

ということで組み立てて終わりです。問題は不定期に起こってテスターを使っても原因がわからないのでこれで終わりです。

f:id:popupin0x0:20190505052305j:plain