popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

SONY WI-C310 Bluetoothイヤホンを買った話【追記】

SONY WI-C310

SONY WI-C310 Bluetoothイヤホンを買った話です。写真のホワイトバランスを修正しました。

ブロガーらしく発売日に買いました。スクロールする手間を省くために結論を書いておくと、音質はソニーがよく売っている1500円ほどのイヤホンとほぼ同じです。フラットで低音もそれほど出ていなくてCreativeのイヤホンのほうがパンチが効いていて好みです。音量は細かく設定でき、かなり小さくすることができます。最小でも少しだけ音が漏れています。ホワイトノイズはあります。コンプライはTs-400シリーズが使えます。これは以前買った中華互換を使っています。

popupmlv.hatenablog.com

結論を書いたところでパッケージから見ていきます。ちっさいです。紙がいっぱい入っています。

SONY WI-C310

イヤーピースはSMLの3種類とtype-c充電ケーブル他説明書などなどです。

SONY WI-C310

充電ケーブルはものすごく短いです。

SONY WI-C310

音質は買ってみないとわからないので外観についてしかかけないのは残念ですがケーブルは長いです。ケーブルは柔らかいのでタッチノイズは殆どありません。どこかで見たbeatsXによく似た外観です。当然こっちのほうが音質と値段も安いのでおすすめです。

SONY WI-C310

磁石でくっつくのですがソニーのロゴをオモテにした状態でないとくっつきません。この方向以外ではくっつくことはないです。

SONY WI-C310

ソニーのリモコンはだいたい左にあります。アップルと差別化のためだろうと思うのですが右のほうが便利です。スマートフォンは左手で操作するからです。リモコンの付いていない側は何もありません。ボタンもありません。

SONY WI-C310

イヤホン部分の素材が紙に見えます。

SONY WI-C310

コンプライはTWS用のものでなくても高さが合います。コンプライはTs-400シリーズが使えます。これは以前買った中華互換を使っています。

popupmlv.hatenablog.com

SONY WI-C310

iPhone上でバッテリーを確認することができます。

Warp Star

写真のホワイトバランスを補正しました。以前のものは暖色でわかりにくかったと思います。

f:id:popupin0x0:20190704204254j:plain