popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GDを買った話

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GD

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GDを買った話です。やっぱりね。買うと思ってたよ。

結論から書いておくとセミファンレスと書かれていたらファンの最小最大値のどちらもロックが掛かっていません。つまりMSI Afterburnerを使うとファン停止状態から好きなタイミングで回転させることができます。バックプレートは樹脂で熱をためることにしか役に立っていません。上段のPCI Expressとはギリギリ接触しません。

ファンは停止させるのでただの飾りです。

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GD

全体を樹脂で包んでいるので買わない理由をあげるならこれだけです。

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GD

ヒートパイプは1本なのでこれも買わない理由の1つになるかもしれません。

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GD

レガシーなDVI端子はもうありません。これだけあっても実際に使うのは1つだけです。

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GD

実際はもっとボードを短くできるようですがこれはファンのサイズのせいで少し長くなっています。

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GD

電源は6ピン1つです。ここまで近づければバックプレートは樹脂だとハッキリわかります。

GIGABYTE GeForce GTX 1660 GV-N1660OC-6GD

MSIアフターバーナーでファン制御をするとZOTACにはあった黄色い点線がありません。70度あたりに設定しておくとちょっと使ったくらいでは回りません。アイドル時はだいたい50度から60度なので標準の設定だときっと激しく回っています。右がGIGABYTE、左がZOTACの画面です。

f:id:popupin0x0:20190707220404p:plain:h350 f:id:popupin0x0:20190523231604p:plain:h350

ZOTACがどのくらい小さかったかと言うとこのくらいです。これは豪華なクーラーが付いていたのでゲームしてるときっと違いが出てくるでしょう。

popupmlv.hatenablog.com

自作PCをするのなら外せない箱比べです。当然少し大きくなっています。

GeForce GTX 1660のことはZOTACの記事を読んでください。HEVCのエンコードのことなどは簡単に書いています。ベンチマークは書いていないのでググってください。GTX 1060から交換しているので性能のことを言われてもね。下手すりゃ性能下がるし。

popupmlv.hatenablog.com