popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

ロジクール マウス G604 レビュー

f:id:popupin0x0:20191202044355j:plain

ロジクール マウス G604を買った話です。

内容物

f:id:popupin0x0:20191202044506j:plain

袋に入っているケーブルはただのUSB延長コードです。マウスに充電端子は無いので充電コードではありません。

f:id:popupin0x0:20191202044515j:plain

unifyingには対応していないので専用のレシーバーまたはBluetoothで接続します。

f:id:popupin0x0:20191202045205j:plain

外観

写真のほうがわかりやすいと思うのですが、動画にもしておきます。

www.youtube.com

f:id:popupin0x0:20191202044533j:plain

f:id:popupin0x0:20191202044541j:plain

f:id:popupin0x0:20191202044555j:plain

f:id:popupin0x0:20191202044604j:plain

LEDはこの部分になります。この色が何を示しているのかはまったくわかりません。

f:id:popupin0x0:20191202045310j:plain

カバーは磁石でくっついているので軽い力で蓋が外れます。使っている分には問題ありません。

f:id:popupin0x0:20191202044615j:plain

充電端子はありません。仕様では最大5.5ヶ月もつので乾電池を使ったほうが軽くて効率が良さそうです。レポートレートは125から1000まで選べて125でも違和感はありません。頻度をさげるとより長持ちします。発売日に買って約1ヶ月なのですがバッテリーのゲージが1つも減っていないので嘘ではないようです。

f:id:popupin0x0:20191202044728j:plain

M950と外観の比較

M950から変える理由はバッテリーの持ちが悪すぎるからです。5日で確実にバッテリーが空になります。microケーブルなので刺すのも面倒です。G700は1日で空になることを考えるとマシなのですがG604はその点最高です。

f:id:popupin0x0:20191202045139j:plain

f:id:popupin0x0:20191202045147j:plain

G hub

ここからはソフトウェアの話です。

f:id:popupin0x0:20191202045514p:plain

オンボードメモリが用意されています。デスクトップの設定をここに保存しておくとマウスがスリープから復帰したとき、アプリが設定を読み込むまでの1秒程度の間のカーソルの遅さがないのでおすすめです。

f:id:popupin0x0:20191202045526p:plain

アプリケーションの切り替えはここで設定できます。setpointのようにアプリごとにすべてのキーを設定できます。同じように、アプリを切り替えた瞬間にマウスの設定も変わります。問題があって、マクロはアプリごとに別々になっているので標準で登録されていないショートカットは都度マクロを設定する必要があります。

f:id:popupin0x0:20191202045709p:plain

設定にないショートカットキーはこうして登録する必要があります。はじめだけですが、はっきりいって面倒です。

f:id:popupin0x0:20191202045824p:plain

f:id:popupin0x0:20191202045903p:plain

f:id:popupin0x0:20191202045925p:plain

バッテリーの持ちとDPIの話です。DPIを切り替えることはないので私は2400にしています。レポートレートは1000はバッテリーの持ちが悪くなりますがなめらかになります。私は125です。

f:id:popupin0x0:20191202045952p:plain

ということで、G604でした。M950の苦痛でしかなかった数年間の充電地獄から開放されて最高です。