popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

Equalizer APOを導入してみた

f:id:popupin0x0:20191030141401p:plain

Equalizer APOとMJUC jr.を導入してみた話です。Equalizer APOの解説というよりRealtekと問題解決がメインになります。

Equalizer APO

sourceforge.net

ざっくり導入からコケた話をするとRealtek Audioは少しだけ手間を掛けないと適応されません。Troubleshooting optionsにチェックを入れてexperimentalを選択して閉じます。

f:id:popupin0x0:20191030141836p:plain

PCで音がなっていると緑のゲージが表示されているのでこれが出ていなければ問題があります。Sound Blaster Zでは実はこれが出ていなくてもPCに入力された音を聞くことができました。サウンドカード内でバイパスすることができたのでしょう。

f:id:popupin0x0:20191030142156p:plain

HDMIセレクターから出力したステレオ音声をPCのライン入力に接続したのですが音が出ませんでした。これはWindows10からプライバシーがうるさくなったためです。

f:id:popupin0x0:20191030142123p:plain

上記の「このデバイスを聴く」にチェックを入れた状態でスピーカーから音が出ていないのであればスピーカーが既定のデバイスとして選択されているか確認する必要があります。

それでも音が出ない場合はプライバシータブからマイクが許可されているか見る必要があります。

f:id:popupin0x0:20191030142715p:plain

このデバイスのマイクへのアクセスを許可するの「変更」ボタンからオンにします。

f:id:popupin0x0:20191030142754p:plain

ここまでしたらハードウェアに問題がなければ音が出ているはずです。ボリュームレベルが音を出している表示になっています。

f:id:popupin0x0:20191030142856p:plain

ここまですることになったのは音声分離付きHDMIセレクターから音が出ていなくて困ったからです。今回はラテン系の設定にしてみます。いわゆるドンシャリ。500Hzから2kHz帯はこもった音の原因になるのでここを下げるだけで全く変わってきます。iTunes標準のラテンを参考にします。

f:id:popupin0x0:20191030143506p:plain

話は変わりますがSound Blaster Zのイコライザもだいたい似たようなものとなっています。Sound Blasterは他の項目でも更にドンシャリ傾向になる設定になっているのでイコライザでは控えめにしています。

f:id:popupin0x0:20191030143603p:plain

f:id:popupin0x0:20191030143648p:plain

ということでそうした設定にしました。低音部分を持ち上げていないのはスピーカーに引き出せるだけのチカラがないためです。

f:id:popupin0x0:20191030141401p:plain

ラウドネス調整のためにMJUC jr.を導入します。設定はこんな感じ。

https://klanghelm.com/contents/products/MJUCjr/MJUCjr.php

f:id:popupin0x0:20191030143844p:plain

ハイパスフィルターを使っているのはMJUC jr.を使うと低音部分が持ち上がりすぎて真っ赤になるからです。32Hz以下をカットすることで避けることができます。ウーファーがあれば出せますがCompanion20では出せません。ということで設定は終わりです。Bluetoothイヤホンにもイコライザを適用することができて便利です。Sound Blasterと似た傾向の音が出せるようになったのと、音声分離付きHDMIセレクターのおかげで光入力も不要になりもうSound Blaster要らないのではと思いました。

f:id:popupin0x0:20191030141401p:plain