popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

2台目のSeagate BarraCuda 8TB ST8000DM004 が壊れたのでRMAを申請してみた

f:id:popupin0x0:20191231172156j:plain

2台目のSeagate BarraCuda 8TB ST8000DM004 が壊れたのでRMAを申請してみた話です。

2回目なので手順などは特に言うことはないのですがメールでのやり取りではなく、アカウントを取得することで簡単に手続きできるそうです。

popupmlv.hatenablog.com

どんなエラーが出たのかというとこんな感じです。つまり回復不可能セクタ。

f:id:popupin0x0:20191231172610j:plain:h500

CDIフリーソフトなので受け付けてくれないのでSeatoolsを使うことにします。今回はショートリードテストではエラーが出ませんでした。ということでロングリードテストにします。ゲージが最後いくのは時間がかかるのですが、実際はエラーが出たところで止まります。今回は半分ほどで止まった気がします。

f:id:popupin0x0:20191231172931p:plain

私の場合HDDはすでにBitlockerで暗号化しているのでデータを消す時もう一度Bitlockerで全領域を書き込むことでことが済みます。この方がPCを再起動しても続きから消去できるので便利です。非常に長いためです。

f:id:popupin0x0:20191231173159p:plain

ということでSeagateの言う通りに静電気対策袋に詰めます。

f:id:popupin0x0:20191231173503j:plain

プチプチで梱包を済ませます。

f:id:popupin0x0:20191231173243j:plain

すべての角にテープを張って終了です。

f:id:popupin0x0:20191231173535j:plain

保証から返ってきたHDD

今回は2週間程かかりました。というのも年末年始を挟んだせいで手続きが遅れたためです。届いたものは今回は同型でした。完璧な梱包です。

f:id:popupin0x0:20200111015529j:plain

重量は622gです。

f:id:popupin0x0:20200111015604j:plain

シールのデザインが少し違います。ひと目で交換品と分かります。

f:id:popupin0x0:20200111015613j:plain

CDIで読み取っても問題なさそうです。

f:id:popupin0x0:20200111015624p:plain

Western Digital HDD 6TB WD60EZAZ-RT

ということでこんなことが2019年、2回も、続いたのでWestern DigitalのHDDを買いました。

f:id:popupin0x0:20191231173908j:plain

BlueはSMRなので同じような結果は見えているのですがとにかくSeagateは使いたくありません。

f:id:popupin0x0:20191231174117j:plain

f:id:popupin0x0:20191231174154j:plain

重さは566gです。

f:id:popupin0x0:20191231174203j:plain

Fractal Design Define R4というケースを使っているのですがHDDトレイのHDDの設置向きを逆にしています。これは裏側のパネルを開けるのが面倒なためです。これでもきちんと収まっているので問題ありません。

f:id:popupin0x0:20191231174214j:plain

f:id:popupin0x0:20191231174223j:plain