popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

サイズ オリジナル CPUクーラー 虎徹 mark IIから無限五に乗り換えてみた

f:id:popupin0x0:20200225200705j:plain

サイズ オリジナル CPUクーラー 虎徹 mark IIから無限五に乗り換えてみた話です。

梱包はこんな感じです。やりすぎて処理するのが面倒になりそうです。

f:id:popupin0x0:20200225200739j:plain

グリスは今回は使いません。

f:id:popupin0x0:20200225201019j:plain

左が虎徹で右が無限です。若干分厚いです。

f:id:popupin0x0:20200225201123j:plain

f:id:popupin0x0:20200225201134j:plain

これが取り外す前の虎徹です。

f:id:popupin0x0:20200225201218j:plain

ケースは裏からもアクセスできるのでマザーボードを取り外す必要はありません。後で気づいたのですが、このバックプレートは標準のものなのでそこを気にする必要もありませんでした。

f:id:popupin0x0:20200225201240j:plain

最難関なのがこのファンを外す作業です。とても力が要ります。

f:id:popupin0x0:20200225201352j:plain

あっさりしたグリスなのかCPUまで外れることはなかったので良かったです。標準のCPUクーラーはひどいことになるでしょう。

f:id:popupin0x0:20200225201429j:plain

f:id:popupin0x0:20200225201437j:plain

適当にきれいにしてグリスを付けます。

f:id:popupin0x0:20200225201643j:plain

ネジはCPUクーラーにあながあるので心配いりません。よく考えられています。

f:id:popupin0x0:20200225201715j:plain

ということで交換完了です。ついでに新しいRyzenにすることも考えたのですが、同じくらいの手間なのでこれでCPUを交換した気になれます。

f:id:popupin0x0:20200225201744j:plain