popup mlv

作ったり、買ったり、遊んだり。

Dell Inspiron 14インチ 5000 (5405) を買ってみた(ハードウェア編)

f:id:popupin0x0:20210423025815j:plain

Dell Inspiron 14インチ 5000 (5405) を買ってみたのでレビューします。主に外観、分解、BIOS、再インストールなどハードウェアのことについて書きます。

今回本体はお値段5万円と少しでした。プラスして保証に入っているのでもう少し高いです。

まずは外観ですが下記のサイトが詳しいです。だいたいthe比較とデルの仕様を見れば私が語ることはありません。

www.dell.com

thehikaku.net

f:id:popupin0x0:20210423025848j:plain

f:id:popupin0x0:20210423030236j:plain

吸気用に少し浮きます。コレが意味があるのかと言われると実はヒートパイプが貧弱なせいで静音には寄与しません。それをわかっていたのか5415ではヒートパイプの強化がされています。

f:id:popupin0x0:20210423030244j:plain

吸気排気が2箇所にあります。画面の外側ならもう少し静かになったのですが設定を変えればファンは回らないので気になりません。

f:id:popupin0x0:20210423031613j:plain

カメラはプライバシーシャッターはありませんがBIOSでオフにできます。後で紹介します。

f:id:popupin0x0:20210423031535j:plain

キーボードはLED付きです。LEDをつけると見えなくなります。つけなければ見えるので問題ないでしょう。

f:id:popupin0x0:20210423030830j:plain

f:id:popupin0x0:20210423030918j:plain

誰もが嫌う変なキーボードですが実は使ってみるとそうでもありません。隣接するキーの間には深く溝が掘ってあるのでキーボードを見ずに打つとうち間違えることはまずありません。Ctrlが右側にあるのも好感度が高いです。私が気に入らないのはpg upとpg dnが邪魔なことくらいです。最新モデル(5415)は反省して変えています。

指紋認証ありの場合は3000円追加になりました。指紋認証は反応は少し悪いですが神経質になる必要はありません。たまに失敗する程度です。なんどか指を登録すればうまくいくようになります。

f:id:popupin0x0:20210423030421j:plain

タッチパッドの設定の詳細は後で書きますが上の方はクリックすることはできません。最新のmacであればできますが私が使っていた古いモデルでは同じなので問題ないです。タップの反応やカーソル移動などは全て満足の行くレベルです。ガラスだったら滑りがよくもっと良かったでしょう。

f:id:popupin0x0:20210423031131j:plain

LANケーブル端子が無いのでこのようにUSBアダプターを使う必要があります。macからの習慣なので私はあまり気にしません。当然無線があるからです。

f:id:popupin0x0:20210423030644j:plain

重さは1.35kgです。ギリギリ持ち運べます。以前使っていたmacと同じ程度なのでいいでしょう。使えるレベルのものは1.2kg前後なのでそれと比べると特段重たいわけでもなく満足行くレベルです。

f:id:popupin0x0:20210423031231j:plain

充電中のLEDはここにあります。白なので派手ではありません。プラグにも何もありませんが、充電器側には緑のLEDがあります。

f:id:popupin0x0:20210423031744j:plain

Macbook air 13インチ 2012との比較

実は外観はよく似ていて縦幅が小さくなっています。ベゼルが薄いのでその分モニタが大きいだけです。トップパネルはメタルですが裏側はプラなので簡単に傷が付きます。

f:id:popupin0x0:20210423025945j:plain

f:id:popupin0x0:20210423025952j:plain

タッチパッドは特に重要です。縦幅が少し小さくなっていますが操作には十分です。最新のMacbook airは特に大きくなっています。

f:id:popupin0x0:20210423030031j:plain

分解

ここからが本番です。ネジを外します。上側の左右隅のネジは外れません。フタにくっついています。

f:id:popupin0x0:20210423034532j:plain

いつものプラスチックの分解ツールを使います。ググってください。

f:id:popupin0x0:20210423034629j:plain

ということで分解完了です。

f:id:popupin0x0:20210423034714j:plain

外側はプラスチックのツールで外すことができます。注意が必要なのは内側にも爪があります。コレを壊さないようにしないといけません。この部分を押さえつけながら開くとたぶん割れません。

f:id:popupin0x0:20210423034745j:plain

f:id:popupin0x0:20210423034817j:plain

全体はこんな感じです。メモリとSSDと無線は交換できそうです。スピーカー側にSSDの追加はスピーカーを外したり削ったりしないと無理です。15インチのモデル用です。5415では端子が省かれています。

f:id:popupin0x0:20210423034914j:plain

f:id:popupin0x0:20210423035239j:plain

交換

今回はSSDとメモリを交換します。

f:id:popupin0x0:20210423040037j:plain

SSDサムスンの1TBに変えます。

f:id:popupin0x0:20210423035001j:plain

元のSSDキングストンです。

f:id:popupin0x0:20210423034936j:plain

ネジを外してネジの台をずらせば終わりです。

f:id:popupin0x0:20210423040847j:plain

2個目のM.2 端子が使えないというのはこういうことです。削ってまで使いたい人はまずいないでしょう。

f:id:popupin0x0:20210423040930j:plain

メモリはキングストンでした。3200MHzです。片面実装でした。

f:id:popupin0x0:20210423041037j:plain

同じモデルではないですが今回はPatriotにしました。

f:id:popupin0x0:20210423041146j:plain

何か色々怪しさがあります。

f:id:popupin0x0:20210423041154j:plain

パッケージはアマゾンでのレビューで指摘の通り、アリフォルニアからのお届けです。

f:id:popupin0x0:20210423041322j:plain

動いたので見なかったことにします。

f:id:popupin0x0:20210423041440j:plain

f:id:popupin0x0:20210423184843p:plain

f:id:popupin0x0:20210423184846p:plain

BIOS

ということで今度はBIOSです。こういう重箱の隅をつつくのが好きです。ファンクションキーはfnキーを押さなくてもメディアキーに変更することができます。問題なのは余計なキーもそうなってしまうので使い勝手が悪いです。プリントスクリーンキーなどもすべてF1-F12キーを置き換えてしまいます。実はレノボの場合はうまくできていて不要なプリントスクリーンキーなどは置き換えない設定になっています。

f:id:popupin0x0:20210423032114j:plain

f:id:popupin0x0:20210423030421j:plain

BIOSを見て分かる通りTPMに対応しています。bitlockerがhomeでも標準で一部の機能が使えるので便利です。完全にセキュアにするにはProにする必要があります。有効なシリアルキーをすでに持っていれば購入時にPro選択しなくても後からProにできます。BIOSでロックをした場合実はメーカーで解除ができるのでセキュリティはざるです。Proではブート前にパスワードを入力する設定ができます。

f:id:popupin0x0:20210423032318j:plain

インストール

分解より先に書けと言われるとご指摘の通りなのですが、新規NVMeにOSをインストールする場合は初期のドライブで回復ドライブを作成するといいです。その機能を使って復元をすると実は1TBめいっぱい復元されます。

f:id:popupin0x0:20210423041901j:plain

なぜDell OS Recovery ToolまたはDell SupportAssist OS Recoveryを使わないのかと言うとこれをつかって再インストールを行うと別のSSDでは工場出荷時状態の復元が使えなくなるからです。また、インストールされるOSがどうも英語版でアプリも入っていなくて完全な買った瞬間の状態に復元できませんでした。

f:id:popupin0x0:20210423042327j:plain

回復ドライブから復元したものからであれば工場出荷時状態の復元が可能です。

最後に

モニタは最近流行りの3:2のほうが縦が増えてタッチパッドの縦のサイズも取ることができるのでそのほうが良かったのですがMacbook Air 2020 M1と比べると倍の価格差があるので贅沢は言わないことにします。もし10万円前後でパソコンを探しているのならバッテリーがよく持つApple SiliconのMacをおすすめします。

f:id:popupin0x0:20210423111923j:plain

今回はハードウェアを中心に書きました。OSやソフトウェア、ファンコントロールの話は写真が多く記事が長くなったので次回にします。

popupmlv.hatenablog.com